フェロモン香水で魅力UP【異性の視線と鼻腔を独り占め】

女性

おなかの肌をきれいにケア

のびが良くしっとり感も

女性

妊娠線は、妊娠中の体重増加や胎児の成長によってできます。表皮だけが伸びるのではなく、その奥にある真皮まで伸びて断裂してしまうため、一度妊娠線ができるとなかなか消えないといわれています。そのため、妊娠線はあらかじめ予防することが大切です。妊娠線の予防には、ローション・クリーム・オイルなどが用いられます。ローションは使用感もさっぱりしていて、夏場でも比較的抵抗なく塗り続けることができます。しかし、さらっとしているので保湿力の持続という点では多少問題が残ります。オイルは肌にうるおいを補給するという点では万全ですが、人によってはオイル特有のベタつきが気になって使用をやめてしまうこともあります。クリームはローションとオイルの中間に位置するもので、保湿効果もしっかりしており、塗り心地の良いものが増えています。そのため、妊娠線予防のためにクリームを愛用する女性が多くなっています。

成分が真皮まで届くものを

妊娠線クリームは年々改良が進み、表皮の下の真皮まで有効成分が届くようなクリームも開発されています。妊娠中の女性の中には、妊娠線クリームが高価だという理由で、普通のハンドクリームやボディクリームを代用品として使う人も多く見られます。しかし、そういった商品では、成分が真皮まで到達するとは限りません。また、妊娠中はつわりやホルモンの変化により、匂いに対して敏感になる女性がほとんどです。さらに肌も過敏になり、かゆみなどを訴える妊婦が多くいます。こうしたことを背景に、最近は香料・添加物を含まないものや、あるいは厳選して使用量を抑えたものなどが女性の支持を広げています。今後妊娠線クリームは、女性のニーズに合わせてさらに進化を続けていくと予測されます。

Copyright©2015 フェロモン香水で魅力UP【異性の視線と鼻腔を独り占め】 All Rights Reserved.